岩田剛典 サプライズ祝福に失敗し「こんなグダグダありますか」

[ 2018年10月6日 14:12 ]

青いバラの花束を杉咲花に渡す岩田剛典
Photo By スポニチ

 人気グループ「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典(29)が6日、都内で行われた主演映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の公開記念舞台あいさつに、共に主演を務める女優の杉咲花(21)、共演の須賀健太(23)、柴山健次監督(39)らと出演した。

 イベントでは、今月2日に21歳の誕生日を迎えた杉咲をサプライズで祝福する予定だったが、段取りが上手くいかず失敗してしまった。

 終盤に司会者から「今作の映画を絵にするなら?」のお題に杉咲以外の3人が事前に用意したフリップで「花ちゃん」「お誕生日」「おめでとう!」と祝福。そのままバースデーケーキを運んだ。当初の段取りでは、その後こっそり岩田が舞台袖に青いバラの花束を取りに行く予定だったが、司会者のミスもあり取りに行けなかった。舞台上で岩田は右往左往し、杉咲も異変に気づく。結果、岩田が開き直って花束を取りに行き杉咲に渡した。

 岩田は「こんなグダグダありますか」と苦笑。「サプライズをするはずが全然泣けなかったね」と残念がった。それでも杉咲は「(映画が)公開しただけでもうれしいのに、もっとうれしい日になりました」と感無量だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月6日のニュース