布袋がケンシロウ、ラオウと夢バンド結成 「北斗の拳」35周年テーマ曲、3Dで激しく演奏

[ 2018年8月23日 06:45 ]

ケンシロウ(右)、ラオウ(後方)とスーパーバンドを結成した布袋寅泰
Photo By 提供写真

 ギタリストの布袋寅泰(56)が人気漫画「北斗の拳」のケンシロウ、ラオウとバンドを結成した。

 漫画連載35周年テーマ曲「202X(トゥーオートゥーエックス)」を手掛けた記念企画。それぞれ3Dで描かれ、スマートフォンの画面に登場。布袋がギター&ボーカル、ケンシロウがベース、ラオウがドラムスを担当し、同曲を演奏する。世界的な人気を誇るギタリストとキャラクターのコラボレーションだけに、国内外で話題になりそうだ。

 このコラボ映像はシングル「202X」(9月19日発売)の「完全数量限定盤」の特典となる。同盤にギターピックが封入され、これをスマートフォンに専用アプリを起動してかざすと、3体が画面に出現し、攻撃的なロックチューンをリアルに激しく演奏する映像が流れる。

 制作側はこの企画を「ヴァーチャル・スーパーバンド」と命名。布袋は10年に北斗の拳のテーマ曲「STILL ALIVE」を手掛け、今回が8年ぶり2回目の再タッグ。「北斗の拳の35周年ということで何かスペシャルなことをしよう」(制作担当者)と夢のバンド企画が持ち上がった。布袋は「夢のコラボを何度もかなえてきたけれど、まさかケンシロウとラオウとバンドを組むことになるとは。この強力な存在感に勝てるバンドはいないでしょう。お楽しみに」と呼び掛けている。

 ≪10月に欧州5カ国ツアー≫布袋は10月に欧州5カ国を回るツアーを行う。7日にベルギー・ブリュッセル、8日に仏パリ、10日にスイス・チューリヒ、11日に伊ミラノ、20日に英ロンドンで開催。11、12月には日本で全19公演のホールツアーを実施し、国内外で精力的に活動する。

 ◇アーティストと漫画の主なコラボ

 ▼福山雅治 10、11年にアニメと劇場版「ドラえもん」に本人をイメージしたキャラクターの福山雅秋が登場。声も担当し、声優に初挑戦した。

 ▼桑田佳祐 17年、アニメ「ちびまる子ちゃん」の特番に高校生「桑田少年」が登場。

 ▼安室奈美恵 2〜6月に開催したラストツアーでアニメ「ONE PIECE」の登場人物と安室のキャラクターによる特別アニメが流れた。昨年から主題歌「Hope」を担当。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年8月23日のニュース