KTV特番「有吉ドキュメンタリー」23日放送 有吉、指原と初タッグ

[ 2018年6月21日 05:00 ]

関西テレビ「有吉ドキュメンタリー」に出演の(左から)指原莉乃、有吉弘行、小木博明
Photo By 提供写真

 関西テレビの特番「有吉ドキュメンタリー」(23日後3・00、関西ローカル)で、有吉弘行(44)とHKT48・指原莉乃(25)がMCを務める。

 有吉と指原が初めてコンビを組んでのMC。ゲストの「おぎやはぎ」小木博明(46)を交え、「夜の戦力外通告〜36歳キャバ嬢の10日間〜」というテーマで、指原の所属するHKTの地元、福岡・博多の歓楽街・中州のキャバクラ嬢の奮闘ぶりを追いかける。

 店内ランキング最下位のキャバ嬢がなぜ最下位なのか、戦力外通告を受けるのかなど、VTRを見ながら3人で検証。忌たんない意見で自慢の?毒舌ぶりを発揮する有吉と小木の言動に、指原も困惑気味。だが、最終的には、戦力外通告の崖っぷちに立つキャバ嬢が、仲間に支えられ前向きに努力する姿も描かれ、有吉は「1人のホステスさんのためにみんなで支えるっていうのが優しいね」と振り返る。生存競争の激しいキャバ嬢の生き様に、女性グループの中にいる指原は共感する部分も多かったのか「見ててつらくなった、グッとくる場面が多かった」と語った。

 「初タッグって取り立てるコンビじゃない。指原が立派になったなぁと。坂上忍さん気分で、指原さんの隣に立たせていただきました」と有吉は指原との初タッグを喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月21日のニュース