宮根誠司「ミヤネ屋」開始に間に合わず 大阪地震の影響 交通渋滞巻き込まれ

[ 2018年6月18日 14:15 ]

フリーアナウンサーの宮根誠司
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宮根誠司(55)が18日、日午前7時58分ごろに発生した震度6弱の地震の影響で、自身がMCを務める日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)生放送の開始に間に合わなかった。

 番組冒頭、宮根アナの姿はなく、読売テレビの野村明大アナウンサー(46)がタイトルコールを行うなど代わりにあいさつ。「宮根誠司さん、現在こちらの大阪市内のスタジオに向かっているのですが、今朝地震の影響で大阪府内、今大変な交通渋滞いうことでまだこちらのスタジオに到着しておりません」とアナウンスし、宮根アナが到着するまで、自身が代役を務めることを説明した。

 宮根アナは午後2時20分ごろにスタジオに向かう車の中から電話で出演。この日、東京から飛行機で大阪入りしたが、羽田空港では「滑走路の点検」のため機内に2時間弱待機したという。午後0時半に伊丹空港に到着。車でスタジオに向かったが、大阪の中心部に近づくにつれ車の量が多くなっていったと説明した。

 さらに、「読売テレビまであと1キロのところまで来たのですが。市内は、車がさまよっている状態」と車内ルポ。「目立った被害はないのですが、バスは来ないし、タクシー乗り場は長蛇の列。街中に人があふれ、車がさまよっている状態。電車も止まって、都市機能が完全に麻痺している」と情報を伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年6月18日のニュース