藤井聡太七段 棋聖戦2回戦で里見香奈女流4冠と対局!女流棋士と初の公式戦

[ 2018年6月18日 20:59 ]

藤井聡太七段(左)と里見香奈女流四冠
Photo By スポニチ

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が女流棋士の第一人者、里見香奈女流4冠(26)と公式戦で初対局することが18日、決まった。

 里見がこの日女流枠で出場した棋聖戦1次予選1回戦で、村田智弘六段(37)に勝利。次戦で2回戦から登場の藤井と対戦する。藤井は2016年7月の奨励会三段リーグで里見と対戦し勝っているが、公式戦で女流棋士と対戦するのは初めてになる。対局日は未定。

 里見は女流タイトル獲得数が歴代2位の通算31期。同時に今年3月まで奨励会三段リーグに在籍も、女性初の四段昇段はならず年齢制限で退会した。女流棋戦を除く公式戦では、この日が11年1月以来約7年ぶりの勝利。通算成績は5勝17敗となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月18日のニュース