森田童子さん 死因は心不全 退院して間もなく自宅で 音楽関係者「公表するつもりなかった」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

森田童子さん
Photo By スポニチ

 4月24日に65歳で死去した歌手の森田童子(もりた・どうじ)さん(本名非公表)の死因が心不全だったことが12日、分かった。亡くなった場所が自宅だったことも判明した。

 関係者によると、森田さんは体調を崩し昨年から入退院を繰り返していた。退院して自宅に戻ってから、まもなく亡くなったという。遺族が日本音楽著作権協会(JASRAC)で森田さんの楽曲の権利変更手続きを行ったため、同協会の会報に訃報が掲載され公になった。音楽関係者は「公表するつもりはありませんでした」と話した。葬儀は近親者のみで葬儀を済ませた。お別れの会は予定していない。

 TBSドラマ「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」などで知られた森田さん。歌手活動からは引退していたが、インターネット上には追悼コメントが相次いだ。脳科学者の茂木健一郎氏(55)はツイッターに「ずっと、永遠の思春期にいらっしゃるような、そんな気がしていました」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月13日のニュース