のん 福祉の顔になる!「EDOSEN」CMで授業や実習も体験

[ 2018年3月22日 05:30 ]

女優・のん
Photo By スポニチ

 能年玲奈から改名した女優・のん(24)が、「福祉の顔」としてCMムービーに起用されることが19日、分かった。江戸川大学総合福祉専門学校(千葉・流山市)が4月1日から校名を「江戸川学園おおたかの森専門学校(EDOSEN)」と改称するにあたり、20日からウェブを中心に公開されるCMに出演する。

 担当者は「老若男女を問わず全世代から愛されるキャラクター、魅力的な声を併せ持っている。メッセンジャーとして最もふさわしいと思いました」と起用理由を明かした。名前を変更し、さらに大きく羽ばたこうとする姿も重なる。

 CMではのんが実際に授業や実習を体験し、同校が導入している介護支援ロボットとも「共演」。授業で得た経験や思いをノートにつづり、「福祉のプロになる。」のキャッチコピーで福祉の大切さを訴える。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年3月22日のニュース