AKB67回目の被災地訪問 横山由依「これからも続けていきたい」

[ 2018年3月11日 05:48 ]

宮城県女川町の被災地を訪れたAKB48の横山由依(右)ら
Photo By 提供写真

 AKB48は震災復興支援としてメンバー計24人が今月4日に岩手、宮城、福島の3県を訪問したことを発表した。

 2011年5月にスタートした被災地訪問は今回で67回目。宮城県女川町を訪れた横山由依(25)は「“あなたたちの歌に勇気をもらった”と言ってくださる方もいる。これからも続けていきたい」。福島県南相馬市を訪れたHKT・宮脇咲良(19)は「未熟な私にもできることがあると実感した」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月11日のニュース