“北海道のたかじん”日高晤郎 手術からラジオ復帰「取ったのは片方だけ」

[ 2018年2月10日 11:35 ]

ラジオ復帰した日高晤郎
Photo By スポニチ

 「北海道のやしきたかじん」の異名を取るほど地元で圧倒的な人気を誇るタレントの日高晤郎(73)が10日、パーソナリティーを務める札幌・STVラジオの9時間生番組「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」(土曜前8・00〜後5・00)に復帰した。先週3日は急きょ入院し、1983年4月のスタート以来、35年で初の欠席だった。

 冒頭、詳しい病名などは明かさず「安心してください。取ったのは片方だけ。したがって、タマタマと言っちゃダメ。タマ」と笑いを誘った。途中「死ぬの生きるのの病気じゃないんですよ」「10日間で2回の入院、2回の手術」とも明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年2月10日のニュース