PR:

【「バイプレイヤーズ」新作 名脇役コメント全文】遠藤「前作を超えそう」松重「よくまた招集」

今度は無人島を舞台に、名脇役が再び“奇跡の共演”!1年ぶりの新作となるテレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」に出演する(左から)遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会
Photo By 提供写真

 名脇役たちが本人役で出演し“奇跡の共演”などと話題になったテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」が帰ってくる。2月7日に「もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」(水曜後9・54)のサブタイトルでスタート。約1年ぶりの復活で、深夜枠(金曜深夜0・12)からプライム帯(午後7〜11時)に昇格。再び旋風を巻き起こしそうだ。

 出演するのは前作に続き、遠藤憲一(56)大杉漣(66)田口トモロヲ(60)松重豊(54)光石研(56)。寺島進(54)はスケジュールが合わず出演しない。

 第1弾は昨年1〜3月に金曜の深夜枠で放送され、名脇役として活躍する6人が共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題に。今作は、5人がテレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになったが、ロケ地を間違えて無人島に漂流し、サバイバル生活を送るストーリー。前作の紅一点・北香那(20)演じるジャスミンは大杉の付き人になり、引き続き登場する。

 5人と北のコメント全文は以下の通り。

 ▼遠藤憲一 前作が出来上がった時、オレが一番最初に完パケを見て、みんなに「おもしろい!」って言ったのを覚えています。で、今作の話が来た時、「前作を超えるの無理じゃない?でも、やるんだ」…と思いながら初日、現場へ行ってみたら「超えそう!」という感触を持ったんで、是非!見てください。

 ▼大杉漣 「日本のおじさんたち、結構捨てたもんじゃないよ」という、ただ渋いだけじゃなくて、いろんな“ヒト”として生きてる姿みたいなものが、このドラマの中で散りばめられているような感じがしています。そういう意味では新しいドラマなのかなと思うので、是非1人でも多くの方に見ていただきたいと本当に願っています。見ないと…(ニヤリ)。

 ▼田口トモロヲ またメンバーの皆さんと、そして視聴者の皆さんと再会することができて、もうミラクルのような幸せです。またまたみんなと飲める!このワクワク感が映れば、そして見てもらえれば、と思います。よろしくお願いします!

 ▼松重豊 また、皆で割り勘で酒が飲めるー。 しかしテレ東、こんな面倒くさいオジさんたちに、よくまた招集かけたなぁ、と、拍手。 イケメンも出ません。愛も感動もありません。スリルもサスペンスもありません。 いわゆるドラマファンの皆さま、申し訳ない。ただただオッサン5人でわちゃわちゃしているだけのドラマです。

 ▼光石研 今作の話を聞いて、僕は率直にうれしかった。前作を超えるものになっていますので、是非皆さん、乞うご期待!で楽しみに待っていてください。

 ▼北香那 前回、第2弾をやることになったら…という、もしもの話が出ていた時に(次の話に)ジャスミンがいなくなってたらどうしよう…とずーーっと思っていました。今回のお話を頂いて「よかったー!!みなさんにまた会える!」という、うれしい気持ちでいっぱいでした。おじさまたちの、ユルくてかわいくてシブいコメディーです。その魅力に是非注目していただいて、そして私自身、前作よりも、より馴染んでいるかもと感じているので、おじさまたちとの距離が近くなったところを是非見てください。

[ 2018年1月3日 05:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月25日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル