「ガキ使」民放トップ17・3% テレ東健闘、前年比倍以上 

[ 2018年1月3日 05:30 ]

NHK紅白歌合戦視聴率発表

アメリカンポリスの衣装でポーズをとる(左から)落語家の月亭方正(山崎邦正)、お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志、浜田雅功、「ココリコ」遠藤章造、田中直樹
Photo By スポニチ

 紅白の裏番組ではテレビ東京「第50回年忘れにっぽんの歌」(後4・00〜10・00)が平均視聴率8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、大健闘した。

 16年大みそかの同局「30秒後に絶対見られるTV」(後7・00〜)の2・5%、同局「ボクシング2大世界戦」(後9・30〜)の3・9%から躍進。同局関係者は「北島三郎さんや細川たかしさん、小林幸子さんら大御所の方々に出演していただき、紅白の視聴者層を取り込むことができた」と話した。

 同時間帯の民放トップは日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(後6・30〜)の17・3%。この番組の大みそか民放トップは8年連続となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年1月3日のニュース