橋下徹氏&NEWS小山が徹底追求、チリ人妻アニータさん涙も…横領男性と離婚してなかった

[ 2017年7月4日 17:37 ]

番組に出演するアニータ・アルバラードさん(C)TBS
Photo By 提供写真

 5日放送のTBSバラエティー特番「橋下徹&NEWS小山 実録!世界怒りの法廷」(水曜後7・00)でNEWSの小山慶一郎(33)と前大阪市長の橋下徹氏(48)が初タッグを組む。注目を集めた国内外の裁判を振り返りながら当事者たちのその後に迫る番組で、日本の全国民を敵に回した“悪女”チリ人妻アニータ・アルバラードさんを徹底追及した。

 裁判で人生を変えられた人々にスポットを当て、法律のあり方などを見つめ直していく。日本テレビのニュース番組「news every.」のMCを務める小山が番組進行を担当。橋下氏が弁護士の視点を生かして大胆に斬り込んでいく。

 見どころの一つが2002年、青森県住宅供給公社の元職員による14億円横領事件で世間を騒がせた“チリ人妻アニータ”のスタジオ出演だ。去年、横領した男性が刑期を終え出所。そんな中、11億円を貢がせたアニータさんは今どうなっているのか?その現在を追うべく、チリで取材を敢行。驚きの現状が明らかになる。

 今回、番組出演オファーに応じたアニータさんが来日。スタジオに登場するが、テリー伊藤(67)や劇団ひとり(40)ら出演者に「横領した金と本当に知らなかったのか?」「返そうと思わなかったのか?」「受け取った金は隠したの?」「青森県民に謝罪する気持ちはないのか?」と厳しく問い詰められる。

 追及を受けたアニータさんは思わず泣き出すが、涙した本当の理由について告白する。その後、涙を拭こうとしたアニータさんのバッグからは“とんでもないもの”が飛び出し、爆笑が起こるハプニングが…。

 さらにアニータさんは衝撃の事実を激白。横領した男性とはまだ離婚していなかったといい、今回の来日目的も男性に関わることだという。自力での目的達成が難しいことから、スタジオでは有能弁護士である橋下氏に弁護を依頼することに。依頼を受けるか、橋本氏の返答に注目だ。

 番組ではストーカー被害に遭った現役アイドルや、冤罪を乗り越えた人物が登場。冤罪問題では1967年に茨城県利根川町布川で起きた強盗殺人事件の容疑者として捕まり、無罪の罪を訴え続け勝訴した桜井昌司さんが出演。つらい冤罪生活を乗り越えた桜井さんの今に迫る。

 橋下氏は「冤罪で29年間も刑務所に入れられてしまった桜井さんに登場して頂きました。これまで、弁護士として冤罪事件を防ぐための方法を考えていましたが、実際に経験をされた桜井さんの意見に返す言葉がありませんでした。新聞報道を賑わせた事件を取り扱っていますが、報道よりもかなり深く事件を知ることができると思います。それに加えて、司法について、裁判について最先端の議論も展開されていますが、堅苦しくなく、ゲストの皆さんが盛り上げてくれています。是非、番組を見ていただいて、司法や裁判のことを考えていただけたら嬉しいです」とコメント。

 小山は「普段、ニュースを読むお仕事をさせて頂いていますが、より立体的に見えるようになりました。この番組を通して冤罪やストーカー問題に関して新たな発見などがあり、事件や裁判について考えさせられるきっかけになると思います。皆さんと議論をする中で、何をすることが一番良いことなのか悩まされました。僕らの世代が司法について考えるきっかけになる番組です。ニュースだけでは伝わらないことも理解出来るようになると思います。僕と一緒に司法を考えて頂けると嬉しいです」と番組をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年7月4日のニュース