テレ朝・青山アナ 米大学院進学を報告「挑戦しなければ、見えない景色がある」

[ 2017年6月26日 13:06 ]

テレビ朝日の青山愛アナウンサー
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の青山愛(めぐみ)アナウンサー(28)が26日、自身のブログを更新。同局を今月いっぱいの出演で退社し、今夏に渡米してジョージタウン外交大学院へ進学することを報告した。

 青山アナは「この度、6月いっぱいの出演をもって、テレビ朝日を退社することになりました。夏には渡米し、修士取得を目指して、『ジョージタウン外交大学院』へ進学します」と報告。「退社にあたって、『何かあったのでは?』と聞かれることがあるのですが、そのようなことはないんです!もちろん、楽しいことばかりの虹色の世界ではありません」などと前置きし「アナウンサーという仕事が大好きでした」と打ち明けた。

 2011年に入社した青山アナ。「スタッフのみなさんと一丸となって番組作りに携わらせていただく中で、たくさんの出会いと学びがあり、非日常が日常となり、本当に恵まれた、特別な6年間でした」とアナウンサー生活を振り返った。

 大学院進学を決意した理由については「『声なき声に光を当てたい』と、飛び込んだメディアの仕事でしたが、もっと現場に近いところで、私にできることがあるのではないか、と。語学や国際感覚、コミュニケーションの力を使って、国際社会に貢献したい。大げさですが、そういった使命感のようなものを抱いてきました」と説明。「やっぱり居心地のいい場所を離れてでも、挑戦しなければ、見えない景色があると信じています。勇気を持って、進んでいきたいです」と意気込み「6年間、本当に、ありがとうございました」と感謝をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月26日のニュース