武井壮 須藤の結婚宣言に疑問「入れた人は何の意味があんだよ!となる」

[ 2017年6月25日 11:19 ]

武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(44)が25日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。AKB48選抜総選挙で結婚宣言をしたNMB48の須藤凜々花(20)について、アイドルファンの立場で言及した。

 コメントを求められた武井は「本当に自由だと思うし、恋愛もファンの人もある程度はそんなこともあるだろうとは思っているとは思う」と前置きしたうえで、「だけど、総選挙というものに関してはお約束事だと思う」とキッパリ。「モバイルでも300円いくらか払っているし、(投票権が付く)CDは、CDが持てるというのもあるけど…俺も投票しているのでわかる」と自身も総選挙に参加したことを明かし、「ファンの人が入れる気持ちは“恋愛も我慢して、私頑張ります”っていう(メンバーの思いに投票している)。シングルのジャケットに順位のいい子は入れる。それで、その後の活動が決まったりする。だから、みんなお金使ってバカバカ入れる。それを20位に入ったのに、結婚します、辞めますじゃ、入れた人は何の意味があんだよ!となる」と須藤の行動に疑問を呈した。自身が投票したメンバーは「いろいろある」と明言は避けた。これには、タレントの葉加瀬マイ(30)も「ファンの人が頑張った集大成ってことなので、かわいそうだなと思う」とファンに同情した。

 そんな武井の意見に、医師でタレントの西川史子(46)は「総選挙じゃないと、発表する場がない」「喜んであげればいいじゃん」と反論。テリー伊藤(67)も「ファンって見返り求める必要はあるの?(OGの意見よりも)須藤さんの言っていることのほうが新しい」と追随した。

 そんな中、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(41)が「僕らが参加してないから何とも言えないけど」と前置きしたうえで、「お金払ってその参加している人の嘘やろ感はえぐいんじゃないかなと思う。ずっと課金して、課金して育てたRPGのデータが消えた時のような感じ」と冷静に例え、スタジオを納得させていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月25日のニュース