指原莉乃 総選挙出馬の裏に香取慎吾の助言「ファンのために動いた方がいい」

[ 2017年6月25日 11:01 ]

HKT48の指原莉乃
Photo By スポニチ

 HKT48の指原莉乃(24)が25日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。17日に行われた第9回AKB48選抜総選挙への出馬を決意した裏に、元SMAPの香取慎吾(40)の助言があったことを明かした。

 番組では、SMAPの元メンバーの香取、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)の3人が9月8日でジャニーズ事務所を退社することについて取り上げた。指原は番組収録の前日に香取とロケで一緒だったといい、その際の様子について「いつも通り楽しくお話してくれた」と振り返った。

 また、指原は3連覇がかかっていた今回の総選挙への出馬について、香取が後押ししてくれたことも明かした。半年前、香取と仕事で一緒になった時のこと。「総選挙に出るかどうか迷っていて、今のところ出ないつもりでいる」と打ち明けたところ、香取からは「3連覇して殿堂入りし、総選挙から退くことがファンの望む形。ファンのために動いた方がいいよ」とアドバイスしてくれたという。

 香取について「自分のことよりファンのことを一番に、という人」と指原。ファンを大事に思う香取のこれまでの言動を考えると、今回のジャニーズ退社についても「絶対に説明する場所を設けてくれると思うし、ファンはそれを信じていいと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月25日のニュース