多部未華子“同い年”のアンパンマンと共演に笑顔「うれしい経験」

[ 2017年6月25日 13:59 ]

「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」の完成披露試写会に出席した多部未華子
Photo By スポニチ

 女優の多部未華子(28)が声優に初挑戦した人気アニメ映画シリーズの第29作「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」の完成披露親子試写会が25日、都内で行われた。

 多部は、宝探しの一族に生まれたライオンの男の子・ブルブル役。アンパンマンのアニメ放送がスタートした1989年生まれの“同い年”とあって、「当たり前のようにあった作品で、ちっちゃい頃から聞いていた声を聞きながらのアフレコは不思議な気持ちでした。とてもうれしい経験でした」と満足げに振り返った。

 ブルブルは臆病だが徐々に勇気を出し成長していく役どころで、勇気を持って挑戦したいことを聞かれると、「パンを作ってみたい。でき上がるまでの長い道のりを体験したい。作るのは、もちろんアンパンです」と笑顔。アンパンマン役の戸田恵子(59)は「かわいく素敵な声で、それが怖がる心を克服してりりしくなっていく。いいものができたと思う」と太鼓判を押した。

 同じゲスト声優を務めたお笑いコンビ「キャイ〜ン」の天野ひろゆき(47)とウド鈴木(47)も登壇し、主題歌「アンパンマンのマーチ」の合唱ではアンパンマンと多部を巻き込んでリズムに合わせたダンスを披露。最後は戸田が「やなせ(たかし)先生が込めた思いは、誰かのために何かがしたいということ。来年、うまくいけば30作。日本を代表するアニメだと自負してやっているので、1作でも多くやっていきたい。応援してください」とさらなる意欲を見せ、締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年6月25日のニュース