尾野真千子、花束に感涙「なんて日だ」 野際さん遺作映画が初日

[ 2017年6月25日 06:18 ]

映画「いつまた、君と」の初日舞台あいさつで向井理から花束を贈られ感涙する尾野真千子
Photo By スポニチ

 女優の尾野真千子(35)、俳優の向井理(35)らが24日、都内で映画「いつまた、君と〜何日君再来〜」の初日舞台あいさつを行った。

 向井の祖母の手記が原作。祖母の若き日を演じた尾野は向井から「お疲れさま」と花束を贈られ「なんて日だ」と感涙。13日に死去した野際陽子さん(享年81)の最後の出演映画で、向井は「ここにご一緒できず残念です」としのんだ。岸本加世子(56)は「偉大な先輩の遺作にご一緒できて光栄」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月25日のニュース