JUMP知念、念願「世界体操」プレゼンター 父は五輪銅メダル

[ 2017年6月4日 05:00 ]

 Hey!Say!JUMPの知念侑李(23)が、10月にカナダで開かれる「世界体操2017」のテレビ朝日の中継にプレゼンターとして参加する。

 父親の孝さんが1992年バルセロナ五輪の体操男子団体で銅メダルを獲得するなど体操とは縁が深い。「アイドルという立場でいつか体操に関わる仕事をしたいと思っていました」と明かした。メインキャスターは松岡修造(49)。プレゼンターは「世界体操」を幅広くアピールする盛り上げ役となる。

 母親や姉も選手だった“体操一家”で育った知念は、ジャニーズ屈指の運動神経の持ち主。今大会で個人総合7連覇に挑む内村航平、“ひねり王子”の愛称で人気の白井健三と対面すると、選手が使う倒立バーを使って見事な倒立を披露。内村選手から「倒立バーを使って一般の人が倒立したところを見たのは2人目。1人目の武井壮さんよりも体が真っすぐで奇麗」と絶賛された。

 大会に向けて「(技が)どれほど難しいか、どんなに凄いのか、というところを体も使って伝えていけたら」と抱負。松岡からも「全ては知念さんにかかっています」と期待されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月4日のニュース