×

珠理奈×咲良 最新作でWセンター 性格は正反対でも思いは同じ

[ 2017年6月4日 10:40 ]

ニューシングルでダブルセンターを務める宮脇咲良(左)と松井珠理奈はファイティングポーズ
Photo By スポニチ

 SKE48の松井珠理奈(20)とHKT48の宮脇咲良(19)がAKB48のニューシングル「願いごとの持ち腐れ」でダブルセンターを務めている。昨年の総選挙でそれぞれ3位と6位。今年は2人とも初戴冠を目指して激闘中だ。放送中のドラマ「豆腐プロレス」でもライバルの女子レスラーを熱演。いま最もホットな2人の胸中は…?

 ――咲良さんは珠理奈さんをどう思っていますか?

 咲良 凄くストイックですね。曲の振りをそろえるところも細かく私のことまで見てくれる。私は自分のことで精いっぱいだし、協調性もない方なので、いつも助けてもらってます。それから、私はあまり人と話せなかったり、堂々としたパフォーマンスができないと自分で思ってたりするんですけど、珠理奈さんは私にないものを全て持っていて、凄いなと思います

 珠理奈 本当?

 咲良 本当です。

 珠理奈 本当かなあ…(笑い)。

 ――珠理奈さんから見た咲良さんは?

 珠理奈 全然緊張しないんだなと思いました。

 咲良 えっ!?

 珠理奈 たぶん私の方が緊張してる。久しぶりのAKBのセンターということもあるし、思い入れが強いので。これまで前田(敦子)さんや(大島)優子さんら先輩方が立たれていた場所じゃないですか。私はその重みを年々感じるようになってるので、めちゃくちゃ緊張するんです。でも、さくらたんは堂々とやってる。

 咲良 いえ、いえ、いえ…(苦笑い)。1人の時は死ぬかもしれないと思うほど緊張するんですけど、2人だと1人の時よりはしないですかね。(渡辺)麻友さんと一緒の時もそうでした。

 ――先輩と一緒で甘えている部分がある?

 咲良 そうです。後輩と一緒だったら緊張するかもしれません。

 珠理奈 ううん、絶対にそんなことない。私は優子さんと一緒にやった時、めちゃくちゃ緊張しましたもん。やはり強いんですよ。

 ――咲良さんのハートの強さを感じる?

 珠理奈 めっちゃ感じます。「なんとかなる。できる!」と思えるタイプでしょう?

 咲良 そうですね。「やればできる!」みたいな。

 珠理奈 そういう考え方が全く逆ですね。私は自分が納得いくまで準備しないとステージに立てないタイプなので。

 ――決戦の舞台、総選挙(17日開票)が近づいてきました。先日の速報値発表では珠理奈さんが2位、咲良さんが8位と好スタートでしたが?

 珠理奈 指原(莉乃)さんも麻友さんも20歳の時に初めて1位になったんです。私も20歳なので、先輩方に続きたいという思いが強いです。2人とも「総選挙に出るのは今年が最後」と言っているので、2人がいるうちに1位になれたら、それ以上うれしいことはありません。いま一番言いたいことがあって、それは周りの人が認めてくれた時にしか言えないことなので、チャンピオンになって、それを言いたいです。

 ――咲良さんは指原さんとのワンツーフィニッシュを狙う考えを表明していますね?

 珠理奈 私は眼中にないということですよね!?(笑い)。

 咲良 そういうことじゃないですけど…(苦笑い)。私は昨年、誰かを追い越して順位を上げたわけじゃなく、繰り上げという感じでした。今年はさや姉さん(山本彩)もゆきりんさん(柏木由紀)も辞退してしまったので、言い方は悪いんですけど、これ以上勝ち逃げされたくないという気持ちです。今年は(昨年、自分より上位だった指原、麻友、珠理奈のうちの)1人でも追い越したいです。

 ――2人はライバルですよね?

 珠理奈 プロレス的に考えたら、確かにライバルがいた方が面白いですよね。でも、私はライバルというより、48グループを一緒に盛り上げていかなくちゃいけない人だと思ってます。

 咲良 まさにその通りです。グループ内で競い合うより、グループで力を合わせて戦いたいと思います。

 珠理奈 さくらたんがいてくれて心強いです。

 ≪咲良「引っ張りたい思いが強く」 珠理奈「自分のことを考えられる」≫昨年の総選挙からの1年について咲良は「自分のことじゃなくHKTのことを考えられるようになりました。卒業生が多くなって、この先もし、さっしー(指原)が卒業したら誰がHKTを引っ張るんだと考えた時、私が引っ張りたいと思うようになった」と明かした。これに対し、珠理奈は「最近やっと自分のことを考えられるようになりました。この9年間、ずっとSKEのこと、48グループのことを考えてきたけれど、20歳になって、自分自身を磨いてそれを48グループのパワーアップにつなげたいと思うようになった」と話した。

 ◆松井 珠理奈(まつい・じゅりな)1997年(平9)3月8日生まれの20歳。愛知県出身。08年7月、SKEの1期生オーディションに合格。同年10月発売のAKBのシングル「大声ダイヤモンド」で前田敦子とダブルセンター、13年12月のAKBのシングル「鈴懸なんちゃら」で単独センターを務めた。

 ◆宮脇 咲良(みやわき・さくら)1998年(平10)3月19日生まれの19歳。鹿児島県出身。11年7月、HKTの1期生オーディションに合格。14年11月発売のAKBのシングル「希望的リフレイン」で渡辺麻友とダブルセンター、昨年3月発売のAKBのシングル「君はメロディー」で単独センターを務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2017年6月4日のニュース