松岡修造の娘・恵さん、タカラジェンヌの卵に 初挑戦で難関突破

[ 2017年3月30日 14:19 ]

難関を突破し宝塚音楽学校に合格した松岡修造の長女・恵さん
Photo By スポニチ

 未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校の合格発表が30日、兵庫県宝塚市の同校で行われ元テニスプレーヤーでタレントの松岡修造(49)の長女・恵さん(17)ら40人が合格した。

 恵さんは身長1メートル69のスラリとしたスタイルで涼しげな目元が印象的。母親で元アナウンサーの恵美子さんとともに、合格を確認した恵さんは早速、制服などの採寸を行い「見てくださる方々に少しでもすがすがしい思いをして頂けるような男役さんになりたい」と目を輝かせた。

 中学3年の時にDVDで宝塚を見て受験を決意。1年間、バレエなどのレッスンを積み1度目の挑戦で難関を突破した。父からは「受けるからには中途半端な気持ちではなく、結果はどうであれ頑張れ」と励まされたそうで「父は“熱く”見守ってくれています」と感謝した。

 今回は全国1042人が受験。倍率は平年並みの26・1倍だった。合格者は第105期生として4月18日に入学する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月30日のニュース