ドランク鈴木、学校でいじめ「炎上の息子」を救った相方・塚地の妙案

[ 2017年3月19日 09:38 ]

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓(41)が19日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。学校でいじめに遭う息子を救った、相方・塚地武雅(45)からのアドバイスについて明かした。

 鈴木といえば、テレビのバラエティー番組でおきて破りの行動をとり、それが視聴者の反感を買ってツイッターが炎上。その後もたびたび炎上騒動を繰り返してきた。そのため、自身の子供が学校で「炎上の息子」と呼ばれるようになったといい、「親父が俺だから。“また(父親がテレビで)スベってたな”みたいな」と、子供に降りかかった影響について明かした。

 鈴木は相方の塚地に相談。そこで塚地から提案されたのが「子供にカンフー映画を見せる」ことだった。カンフー映画の主人公について塚地は「一番初めはやられてしまうけど、最後は努力して勝つから」と説明し、それゆえ「負けないためにはどうしたらいいか考えるし、自分がちょっと強くなった感じになるからいいのでは」とアドバイスしてくれたという。

 鈴木は実際に映画を見せたといい「強くなりました」。共演した「ロッチ」の中岡創一(39)も「自信を持たせたということですね」と、その効果に感心していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年3月19日のニュース