不起訴処分のASKA釈放 無言も報道陣問い掛けに2度の会釈

[ 2016年12月19日 19:11 ]

釈放されたASKAは報道陣の問いかけに会釈で応える
Photo By スポニチ

 覚醒剤を使用したとして覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁に逮捕され、東京地検が19日に不起訴とした歌手のASKA(58)が同日午後7時10分ごろ、勾留先の東京湾岸署から姿を見せた。11月28日の逮捕から21日。

 黒のインナーにグレーのジャケット、下は黒のパンツという逮捕時と同じ服装。待ち構えていた報道陣の方は見ずに、前後を制服警察官にはさまれる形で同署の駐車場に向かい、黒のワンボックスカーに乗り込んだ。

 駐車場に向かう途中で報道陣から「ASKAさん、一言お願いします」と声を掛けられると、2回報道陣の方を向き会釈した。

 東京湾岸署前にはこの日正午前の段階で、15人ほどの報道陣がいたが、午後になって「釈放されるのではないか」との観測が流れ、午後5時の時点で100人以上、姿を見せた時には約200人にふくれ上がっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月19日のニュース