Z・Z・ガボールさん死去 往年のハリウッド女優

[ 2016年12月19日 12:07 ]

 ハリウッド女優のザ・ザ・ガボールさんが18日、心疾患のためロサンゼルスの自宅で死去した。99歳。米メディアが報じた。

 ハンガリーのブダペスト生まれ。映画「赤い風車」(52年)やオーソン・ウェルズ監督の「黒い罠」(58年)などに出演した。

 第2次大戦前に家族で渡米、姉と妹と「ガボール3姉妹」として映画や舞台で知られるようになった。ホテル王コンラッド・ヒルトンらと少なくとも8回の結婚歴でメディアをにぎわせた。89年にはビバリーヒルズで、交通違反のため車を止めた警官を殴ったことでも話題になった。

 股関節の手術後に感染など合併症を起こし、11年に右脚を切断していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月19日のニュース