PR:

ももち 芸能界引退でコメント発表 幼児教育の道へ「教えるって楽しい!」

グループからの卒業、芸能界引退を笑顔で発表した嗣永桃子

 アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の嗣永桃子(24)が5日、来年6月30日でグループおよびハロー!プロジェクトから卒業し、芸能界を事実上引退することをグループ結成2周年ライブで発表した。

 公式サイトを通じて「私、嗣永桃子は2017年6月30日をもちまして、カントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトを卒業します。2002年6月30日にハロー!プロジェクト・キッズオーディションに合格してから15年という節目の日に新たな道へ進もうと考え、決断しました」とコメントを発表した。

 コメント全文は以下のとおり

 皆さんにご報告があります。私、嗣永桃子は2017年6月30日をもちまして、カントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトを卒業します。2002年6月30日にハロー!プロジェクト・キッズ オーディションに合格してから15年という節目の日に新たな道へ進もうと考え、決断しました。

 私はアイドルが大好きです。正確にいいますと、アイドルをしている自分自身が大好きで、ファンの皆様と過ごす毎日も大好きで、今まで心から楽しみながら活動をしてきました。それと同時に、大好きなものが「子ども」です。子どもが大好きで、もっと学びたいと思い、アイドル活動と並行しながら大学へ進学し、2012年の教育実習の経験を経て、大学卒業と同時に小学校と幼稚園の教員免許を取得しました。

 2014年3月にBerryz工房が無期限の活動休止となり、カントリー・ガールズのプレイングマネージャーに就任し、結成当初より、「2、3年かけて新人のカントリー・ガールズのメンバーを一人前にしていきたい」と目標を掲げ活動してまいりました。初めてグループの中で後輩という存在ができ、毎日が新鮮で、素敵なアイドルになってほしいなという想いをこめて、1日1日大切に過ごしてきました。

 カントリー・ガールズのメンバーと過ごしていく中で改めて思ったことは「人に何かを教えるって楽しい!」ということです。結成2周年を迎え、メンバーもたくましく育ち、改めて自分の未来を考えた時に、たくさん悩んだ末、以前からずっと興味があった『教育』の分野、とりわけ「幼児教育」の道に進みたいと思い、この結論を出しました。

 6月30日以降は、幼児教育について改めて勉強に専念し、いずれお仕事ができればと考えています。最終日までの活動に関しては、随時お知らせしていきます。残りの時間、悔いが残らぬよう、全力で感謝の気持ちを込めてお届けしたいと思います。突然の発表となってしまいましたが、これからもカントリー・ガールズの応援、よろしくお願い致します。嗣永桃子

[ 2016年11月5日 16:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月26日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル