木村佳乃「真田丸」に仰天再登場 台本読み「椅子から転げ落ちました」

[ 2016年4月30日 10:00 ]

大河ドラマ「真田丸」で信繁(幸村)の姉・松を演じている木村佳乃(C)NHK

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)で、堺雅人(42)扮する主人公・真田信繁(幸村)の姉・松を演じている木村佳乃(39)が独特のオーラを放ち、戦国時代における家族愛を描く上での重責を担っている。

 松は歴史上に名を残した人物ではないが、歴史通を自任する脚本の三谷幸喜氏(54)は木村をあて書きし、明るく大らかな人物像を作り上げた。木村本人も「家族や友人は皆、“佳乃そのものだね”って言います。私は明るくてちょっとおっちょこちょいなお姉さんという役として演じていて、こんなにとぼけていないつもりなんですけれど、そのものみたいです」と楽しそうに笑う。

 堺とその兄・信幸役の大泉洋(43)の2人の弟は実年齢では年上だが、違和感はない様子。「堺さんはすごい。若々しくて、今はちょっと頼りないけれど1年を通して計算していらっしゃる。的確な表現は鳥肌もので、これぞ大河の座長という感じ。大泉さんも実直で不器用な、新しい魅力が見られます。精神的、肉体的に大変な2人を、年下だけれど姉として支えていけたら」と意欲を見せる。

 松は小山田茂誠に嫁いでおり、いわゆる政略結婚だが、2人の仲睦まじい姿はほほ笑ましい。相手役となった本職が声優の高木渉(49)の存在は知らなかったそうだが「私が乗馬の練習をしている所にわざわざいらっしゃってくれて、第一印象で優しい方だと。実の旦那(東山紀之)と同い年なので、得意というか慣れているというか(笑い)。年上と話すと落ち着くんです。純粋に愛し合っている夫婦ができると思います」と息が合っていることを強調する。「足を引っ張るかも」と重圧を感じていた高木に、故緒方拳さんから授かった金言「小手先がうまくても人の心には訴えることができない。下手でもいい。心だぞ」を引用してアドバイスしたという。

 さらに、母・薫役の高畑淳子(61)との初共演にも心躍らせている。「切られた野盗にのしかかられた時の高畑さんの“ギャーッ”が、もうおっかしくて。咽頭(いんとう)まで見えそうなんです。堺さんに言わせれば、遠くから見ても私の顔は笑っているみたいです。(娘だけに)私にもいずれ“ギャーッ”があるかもしれませんね」とほほ笑んだ。

 オンエアは毎週見ているそうで「娘は一瞬、ママだって言って終わりです(笑い)。タイトルバックでワクワクして、明日に向かって元気になる、頑張ろうって気になっています」と満足げ。松は行方知れずになるため2月14日放送の第6回で一度画面から消えたが、5月1日放送の第17回から再登場する。既に台本を読んだ木村は「椅子から転げ落ちました。久しぶりにプレッシャーのかかる再登場で、きっと皆さんもいい意味でズルッてなると思いますよ」と意味深な笑みを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年4月30日のニュース