DAIGO「KSK」サプライズ愛の歌&再求婚 北川景子涙で「HI」

[ 2016年4月30日 05:30 ]

グランドプリンスホテル新高輪で披露宴を行ったDAIGOと北川景子

 1月11日に結婚した歌手でタレントのDAIGO(38)、女優の北川景子(29)の披露宴が29日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪の飛天の間で盛大に開かれた。芸能関係者ら500人以上が出席。新郎のDAIGOは愛妻へ贈る自作曲「KSK」を歌唱した。これはラブソングではなく、プロポーズソング。披露宴の場でもう一度求婚したDAIGO。これには実に深~いワケがあった。

 DAIGOが最後に用意したサプライズが、自作したロックバラード「KSK」の歌唱だった。KSKは昨年8月にDAIGOが北川に贈ったプロポーズの言葉「結婚、して、ください」の略。なぜ、DAIGOはこの披露宴の場で、もう一度プロポーズをしたのか。

 北川には、ひとつだけ後悔していることがあった。求婚の「KSK」の言葉に対して、アルファベットで答えることができなかったことだ。

 2人が本人役で出演した約20分のなれそめの再現映像で、交際時はDAIGOの「OTK。俺と、付き合って、ください」に、「SYO。末永く、よろしく、お願いします」と一瞬で答えたことが明かされた。しかし、プロポーズ時は、「よろしくお願いします」と返してしまった。北川は「なんで答えられなかったんだろう。一番後悔してる」と振り返った。

 これにDAIGOが反応。「やっぱり後悔してほしくない。アルファベットで返してもらえたら、悔いない最高の結婚式になる」。そのため“プロポーズソング”として「KSK」を作った。

 “公開プロポーズ”は曲の最後。改めてDAIGOが「景子さん、改めて、KSK。結婚してください」と求婚。招待客は北川がどう返すのか、ジッと聞き入った。すると、目をウルウルさせた北川の言葉はなんと、「HI。はい」。

 あまりにシンプルな言葉に、客席は拍子抜けして大笑い。それでも北川はやり切った表情で、「いつも突然(アルファベットを)言われてしまうので、もう少し瞬間的に良い答えが返せるようにしたい」と真面目に話し、さらに笑いを誘った。

 最初から最後まで笑いに包まれた披露宴。お礼のあいさつで、北川は出席者への深い感謝の気持ちを述べ、「しっかりと2人で支え、助け合い、歩んでいきたい」と誓った。これを受けたDAIGOは、「以下、同文。まさに同じ思いです」と話し、観客は大爆笑。「同じ思いであったことで、夫婦として絶対にうまくいくと思いました」と続け、出席者全員での「うぃっしゅポーズ」で締めくくった。

 なお、引き出物とは別に「KSK」の1曲入りのCDが配布された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年4月30日のニュース