福山主演「月9」初回低調10・6% 富川アナ報ステは好発進

[ 2016年4月13日 05:30 ]

「ラヴソング」第1話の1場面(左から福山雅治、藤原さくら)(C)フジテレビ

 歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの月9に主演する「ラヴソング」(月曜後9・00)の初回平均視聴率が10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。福山にとっては13年の「ガリレオ」以来の月9。昨年9月の結婚後、初の連ドラ主演作として注目を集めたが、「ガリレオ」の初回視聴率22・6%に及ばなかった。

 富川悠太アナウンサー(39)のメインキャスター初回となった11日のテレビ朝日「報道ステーション」の平均視聴率は12・0%。同時間帯の前4週平均の11・6%を上回るスタートとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月13日のニュース