キム兄命名 新ユニット「劇伸び筍!」結成 6月にお披露目

[ 2016年4月13日 15:37 ]

ユニット名「劇伸び筍!」と命名した木村祐一

 東京・神保町の劇場「神保町花月」の新ユニット発表会が13日に行われ、ユニットメンバー、ユニット名がお披露目された。

 新ユニットは若手のための芝居小屋として来年10周年を迎える「神保町花月」を中心に活動する歴4年目以下の次世代ユニット。会見には3月に4日間ライブを行ない、30組から最終候補に選ばれた9組が出席。新ユニットには「NSC大ライブTOKYO2016」で首席となったお笑いコンビ「ギガスラッシュ」をはじめ、「いまさらジャンプ」「プライドチキン」「かなで」「ギャンブルグルーヴ」「バーレスク」の6組が選ばれた。

 NSC(吉本総合芸能学院)の講師も務めるお笑いタレントの木村祐一(53)が新ユニットを「劇伸び筍!」と命名。「まだ地中に埋まってこれから生えようとする筍(たけのこ)が地上に出ていくという意味を込めて。(結成会見では)前へ前へ、上へ上へ行こうとするイメージが湧いた」と命名理由を説明し、「みんな知った顔なので、誰が来ても劇場が全体が盛り上がって、お笑い界が盛り上がればいい。収まらずにとにかく上を見て突っ切ってください」と若手を激励した。

 ギガスラッシュのマサル(年齢非公表)は“ゲイ”を公言している異色キャラ。「名前が気に入りました。いいな」と笑いつつ、「ドラマとかの斡旋があると聞いたので、ドラマのゲイとかオカマの役は絶対ゲットしたい」と意気込んだ。

 新ユニットは6月7日から同劇場でお披露目公演を行う(11日まで)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月13日のニュース