国生さゆり、黒田と破局の理由「甘えてくるからうっとうしい」

[ 2016年2月25日 11:54 ]

国生さゆり(左)とメッセンジャー黒田

 女優でタレントの国生さゆり(49)が24日に放送されたMBSテレビの情報番組「ちちんぷいぷい」(月~金曜後1・55)に出演。お笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(46)と破局した理由について説明した。

 番組では「きょうの女心」と題したコーナーで「最近1年の間にパートナーに対してときめきを感じたことはありますか?」という内容を扱った。

 出演者の月亭八光(38)が「毎日顔を合わせていて、ときめきを感じるのは難しいんじゃないですか」とコメントすると、国生は「相手が変わればときめくでしょう?」と黒田との破局を絡めたような反応をした。八光が「知り合いの先輩に聞いておきます」と名前は直接出さずに黒田について触れると、国生は「あれはね、あんな顔して甘えてくるからうっとうしくなったの」と破局理由を明かした。

 突然のカミングアウトに司会の山本浩之アナウンサー(53)も「そうなんですか。そっちの話の方が興味深いなあ」と食いつくと、国生は「ちらかしまくっていました」と恋愛時の黒田の性格を暴露した。

 山本アナが「几帳面だと思っていたんですけどねえ」と語ると国生は「いや、ある方面では、ちらかしてますね」と黒田の浮気をそれとなく示した表現を使っていた。

 CMに切り替わる前に、画面にアップで映された国生はカメラ目線で両手を振りながら「頑張れー!頑張る!」と2度繰り返した後に「ありがとーう」と黒田へのメッセージとも受け取れる呼び掛けをしていた。

 他にも番組内で国生は、手をつなぐ行為に対して「あったかい気持ちになりますよね。なんか守られているというか。手をつなぎたかったなあ」とコメントを残す場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年2月25日のニュース