なぜ?清原亜希 それでも清原姓のまま活動…周囲同情も本人「仕方ない」

[ 2016年2月11日 11:00 ]

モデルの清原亜希

 覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)の事件で、2014年に離婚したモデル清原亜希(46)の仕事に影響が及んでいる。元夫の逮捕直後にファッション誌の撮影がキャンセル。広告代理店関係者は「多くの女性ファッション誌の広告主から今後の起用について見直しを求める声が上がっている」と話している。

 亜希は00年に結婚したことで「清原亜希」として注目を浴び、ファッション誌「STORY」(光文社)ではカリスマモデル黒田知永子の後を受けてカバーを務め、全国区となった。清原姓を続けることで仕事が激減している状況に、「清原姓で仕事を続ける限りは影響があると思うとかわいそうでならない」と出版関係者。しかし本人は「この名前で仕事ができるようになったので仕方がない」と周囲に語っているという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年2月11日のニュース