清原亜希 仕事激減の危機 ファッション誌表紙起用見直しも

[ 2016年2月11日 09:40 ]

清原容疑者の逮捕で亜希元夫人のモデル業にも影響が…

 覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)の事件で、ファッション誌の撮影がキャンセルになるなど、2014年に離婚したモデル清原亜希(46)の仕事に影響が及んでいる。出版関係者は「子供(長男、次男)のことも考えて頑張っている中、清原姓で仕事を続ける限りは影響があると思うとかわいそうでならない」と話している。

 キャンセルになったのは清原容疑者の逮捕直後。出版関係者は「事件のこともあり、撮影がいったん中止になった」と明かした。大手広告代理店によると、決まっていた化粧品やアパレルメーカーとのタイアップ企画も今後、中止となる可能性がある。特に雑誌の顔である表紙起用に難色を示している企業が多いという。

 専属モデルを務めるファッション誌「マリソル」(集英社)はコラムやタイアップイベントについて「今後も予定通り」としたが、広告代理店関係者は「多くの女性ファッション誌の広告主から今後の起用について見直しを求める声が上がっている」と話しており、仕事に暗雲が漂っている。

 「息子たちの成長が生きがい」と語っていた清原容疑者。今、父親としてどう感じているのか。その罪は大きい。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年2月11日のニュース