SMAP存続表明の場に次期社長いた 女性マネ不在で試練の再出発

[ 2016年1月20日 08:50 ]

SMAPの騒動を伝えるスポーツニッポン

 SMAPの存続発表から一夜明けた19日、メンバーはテレビ番組の収録などに臨んだ。ただ、今月で退社する意向の女性マネジャー(58)が所在不明で、現場などで混乱が続いている。一方、次期社長の藤島ジュリー景子副社長(49)が存続発表の場にいたことが判明した。

 日本中が注目した18日のテレビ生出演。メンバー5人の顔をやっと見ることができ、安心したという声の一方で「存続、解散どっち?」「納得いかない」「消化不良」などと、曖昧な声明に困惑する声が相次いだ。

 騒動の影響はあまりに大きく、眠れぬ夜を過ごしたかもしれないメンバーたちは、レギュラー番組などの現場へ。SMAPのマネジメントを全て引き受けてきた女性マネジャーは不在で「引き継ぎ不足で、現場の仕切りやスケジュール調整などで混乱が続いている」(関係者)という。分裂回避と存続を表明したものの、苦楽を共にしてきた女性マネジャーが仕事を放り投げていなくなってしまった中、グループの未来が全く見えない状況に陥っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月20日のニュース