阿川佐和子さん、対談で怒らせた大物の名前告白「フグみたいに顔を…」

[ 2015年11月28日 12:50 ]

エッセイストの阿川佐和子さん

 エッセイストの阿川佐和子さん(62)が28日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。過去に芸能界の大物を怒らせてしまったことを告白した。

 「週刊文春」での連載や、TBS系トーク番組「サワコの朝」(土曜前7・30)が評判で、ゲストの魅力をうまく引き出す“トーク力”が魅力の阿川さんだが、過去の対談では失敗したことも。“昭和落語界のドン”五代目柳家小さん師匠(享年87)との対談で師匠を怒らせてしまったエピソードを披露した。

 “小さん師匠の前の仕事が早く終わったので約束の時間より早く来てください”と、約束の時間より早く来るよう指示を受けたが「ちょっと遅刻しちゃったんですよ。『お待たせ致しました』と言ったら、フグみたいに顔膨らませて怒っていて。『申し訳ありません』と謝りました」と語った。

 対談で小さん師匠は子供時代などの話をし、阿川さんが面白くて笑っていたら師匠の機嫌が次第に良くなっていったそうだが、「対談2時間終わって、『きょうは遅刻して申し訳ありませんでした』って言ったら(小さん師匠は)思い出しちゃってムカ~って。言わなければ良かったなと」と反省を交えて秘話を披露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月28日のニュース