乃木坂46・白石麻衣、紅白出場に意欲「年内みんなで笑って締めたい」

[ 2015年9月29日 12:23 ]

「From AQUA×乃木坂46」新CM記者発表会に出席した白石麻衣

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣(23)が29日、都内で行われた「From AQUA×乃木坂46」新CM記者発表会に出席した。

 同CMの主題歌に、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」が使用されていることから、念願の紅白歌合戦出場への思いを聞かれると、白石は「年来ラストのシングルになると思うので、紅白というのはずっと目標の1つでもありますし、年内みんなで笑って締めたいので、紅白に出られるように、このシングルでも力を入れて頑張っていければいいなと思います」と抱負を語った。

 また、CMに出演した感想について白石は「映像がキレイで、みんなが妖精になって飛んでいるシーンも可愛らしくて、じっくりもう1回見たいですね」と印象を語り、「1人1人妖精になって飛ぶ格好も違って、齋藤飛鳥は背面で泳いでいたりするので、撮影は大変だったと思うんですけど、すごく素敵な作品になったので、FromAQUAをたくさん広めていけるように、頑張っていけたらいいなと思います」と意気込んだ。

 さらに、同商品の採水地谷川岳がある群馬県出身の白石は「群馬県もアピールできたらいいなと思います」と笑顔を見せ、記者から「故郷に錦を飾りましたね」と言われると「錦…?」と困惑し、周りから意味を説明され「なるほど(笑)。親近感が湧くし、近いものもあって、親も喜ぶと思いますし、たくさんアピールしていきたいと思います」と語った。

 10月28日発売の乃木坂46・13thシングル選抜メンバーが登場する新CMは、10月より関東エリアにて放送スタート。さらに、JR東日本のエキナカ自販機acure約700台の側面には、同選抜メンバー16人16種類の大型ステッカーが掲示される。このほか、同記者発表会には秋元真夏(22)、衛藤美彩(22)、西野七瀬(21)、橋本奈々未(22)、深川麻衣(24)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月29日のニュース