谷原章介、「原田知世は中秋の名月」変わらない透明感を絶賛

[ 2015年9月29日 18:29 ]

製作発表会見に出席した(左から)北川悦吏子氏、原田知世、谷原章介

 TBS系スペシャルドラマ「三つの月」(CBC製作10月3日、後2・00)の製作発表会見が29日、都内で行われ、女優の原田知世(47)、俳優の谷原章介(43)が出席した。

 同作の脚本を手がけるのは北川悦吏子氏(53)。北川氏は初めて不倫の恋を描く。原田は「昨日完成した作品を見て、こんな素敵な作品に出演できて幸せ」と笑顔。谷原は「月に祈るピエロ」(13年)、「月に行く舟」(14年)に続き3年連続ヒロインの相手役を務めていることから「3年連続やらせていただけて幸せな時間でした。かけがえのない作品になりました」と感無量の様子だった。

 谷原は原田の印象を聞かれ、タイトルの月にかけて「中秋の名月」に例えた。「いつまでも変わらず、透明感とピュアさを持ち続けている。中秋の名月のようにずっと変わらない素敵な女優さん」と絶賛。原田は「ありがとうございます。頑張って生きていけます」と照れ笑い。一方、原田も「現実にはこんな人いないなってファンタジーの世界を演じられる人は谷原さんしかいない。声とか喋り方とか美しいな、っていつも思って聞いていた」と明かし、べた褒めだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月29日のニュース