阿部寛 池井戸氏「下町ロケット」主演 娘役は土屋太鳳

[ 2015年8月19日 06:00 ]

TBSでドラマ化される「下町ロケット」に主演する阿部寛

 俳優の阿部寛(51)が、10月スタートのTBSのドラマ「下町ロケット」(日曜後9・00)に主演する。

 作家池井戸潤氏(52)の直木賞受賞作が原作。元宇宙科学開発機構の研究員で現在は父親の後を継いで下町の工場を経営する主人公・佃航平が、困難に直面しながら夢を諦めない姿を描く。阿部は「良い物を作っていくという姿勢に役者として共感します。“佃航平=阿部寛”と思われるような作品になればうれしい」と意欲。佃の娘役はNHK連続テレビ小説「まれ」に主演している土屋太鳳(20)。「日本を支えるものづくりの心と技術への情熱を、役と一緒に見て聞いて全力で感じたい」と楽しみにしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年8月19日のニュース