元NMB福本愛菜“笑撃”パンスト顔「これ以上恥ずかしいことは…」

[ 2015年7月17日 22:24 ]

“パンスト顔”を披露した福本愛菜(左は山田菜々)

 元NMB48で吉本新喜劇研究生の福本愛菜(22)が17日、大阪市内で、卒業2周年記念ライブ「福本愛菜のミラクル★LIVE」を開き、“笑撃”のパンスト顔を披露した。

 NMB時代の同期でタレントの山田菜々(23)をゲストに迎え、一般常識力クイズや運試し対決などの5番勝負に敗北。山田が用意した罰ゲーム「顔面ストッキング」に挑戦することに。

 ただ、山田が持ち込んだストッキングは、腰まで覆う両足タイプではなく、ふくらはぎ程度の幅しかないキツキツの膝下ストッキング。頭からすっぽりと被った福本の顔は、きゅんきゅんに引っ張られ、元アイドルとは思えないオモシロフェースを公開してしまった。

 大喜びの山田は、自身の携帯電話で福本をバシャバシャと撮影。体を張って笑いを取る福本に、「卒業して2年、ここまで(の芸人)になるとは…。感動してます」と笑わせた。

 終演後、囲み取材に応じた福本は「あんな、ひどい顔を…。ファンが減ってしまったのではないかと心配です。これ以上恥ずかしいことは、もうないでしょ!」と恨み節。最後は、「同じ仕返しをやりたい。もっとキツめのパンストで、山田のブスな顔をさらけ出してやります!」とリベンジを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月17日のニュース