斎藤工 人生初のもぎりは「天職」ノリノリで転職志願

[ 2015年7月17日 19:32 ]

出演映画「リアル鬼ごっこ」の上映劇場でもぎりを行った斎藤工

 俳優の斎藤工(33)が17日、出演映画「リアル鬼ごっこ」(監督園子温)が上映中の東京・新宿ピカデリーでもぎりを体験し、舞台あいさつを行った。

 同作は、出演者がすべて女性というふれ込みで斎藤の出演は伏せられていたが、今月11日の公開当日に明らかにされ話題が沸騰。園監督作品は初出演だが、かねてプライベートでの交流があり、「女性しか出ないとうかがっていたので、オファーを頂いた時はまず自分の性別を確認した。でも、園監督が撮る“リアル鬼ごっこ”なら誰も予想できない方向に転がると思い、とても光栄だった」とジョーク交じりに明かした。

 「映画館で仕事をするのが夢で、映写技師になりたかった」とあって、人生初のもぎりには「天職を見つけたので、転職を考えています。もぎり兼俳優の斎藤工です」とノリノリ。数人のファンからは「時給は出るんですか?」と聞かれたそうで、「研修期間なので無償です。でも映画どんどんデジタル化する中で、作り手の1人として手渡しをするアナログの感覚っていいなと思った」と満足げに話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月17日のニュース