マギー 中学時代のいじめ経験告白「誰も話しかけてくれなくなる」

[ 2015年7月12日 12:24 ]

マギー

 モデルのマギー(23)が12日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。中学時代にいじめられた経験があったことを告白した。

 マギーは中学時代を振り返り、「スポーツだけは好きだった。男子に混ざってスポーツをしていたのもあって、ストレートにものを言う性格になった」と前置きし、「バスケ部だったので、キャプテンとしてハッキリ言うと次の日から誰も話しかけてくれなくなる」と“無視”された過去を打ち明けた。

 マギーが2歳のときに両親が離婚。母のいない寂しさと、度重なる引っ越しにより人見知りに。中学生になると痩せている見た目から「ガイコツ」というあだ名をつけられたことも明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年7月12日のニュース