直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート

[ 2015年6月19日 05:30 ]

小説「永い言い訳」で直木賞候補となった西川美和監督

第153回芥川、直木賞

 直木賞には、映画監督でもある西川美和氏の「永い言い訳」(文芸春秋)や、馳星周氏の「アンタッチャブル」(毎日新聞出版)など6作品がノミネートされた。

 西川氏は、脚本・監督した映画「ゆれる」で06年度毎日映画コンクール日本映画大賞などを受賞。09年には「きのうの神さま」で直木賞候補となっている。馳氏は今回が6回目のノミネートになる。

 ◇第153回直木賞候補作品◇
門井 慶喜「東京帝大叡古(えーこ)教授」
澤田 瞳子「若冲(じゃくちゅう)」
西川 美和「永い言い訳」
馳  星周「アンタッチャブル」
東山 彰良「流(りゅう」
柚木 麻子「ナイルパーチの女子会」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月19日のニュース