関ジャニ∞ フジで初の総合バラエティー“11年目の原点回帰”誓う

[ 2015年3月18日 08:00 ]

 関ジャニ∞がフジテレビで初の総合バラエティーに挑戦する新番組「関ジャニ∞クロニクル」がスタートすることが18日、分かった。

 昨年デビュー10周年を迎えた関ジャニが、11年目を「1年目のような気持ちで…」と原点回帰の場として
、フジでは初のバラエティーに挑むことになった。番組は、スタジオ企画、ロケ企画、歌企画ありとさまざまなジャンルで構成。“×××した結果”…“○○がわかった”という新発見が毎週繰り広げられるほか、本格的なコントも展開する。

 人と触れ合い、体を張って新たなチャレンジを繰り返すという経験の積み重ねが“クロニクル(年代記)”として後世まで語り継がれていくような番組を目指していく。亀高美智子チーフプロデューサーは「メンバーの個性を存分に引き出しながら、また掛け合わせの妙で起こる新しい魅力を伝えられる番組を大笑いしながら楽しく作っていきたいと思います」と話している。

 メンバー7人はそれぞれコメントを出し、意気込みを披露している。

 ▼横山 裕 お昼に関ジャニ∞が冠番組を持てることがすごくうれしいです。新しいことにどんどん挑戦する番組なので、楽しみにしています。新しい関ジャニ∞をお見せできるようにがんばっていきます。

 ▼渋谷すばる 7人それぞれの個性を知っていただくことで、関ジャニ∞というグループを楽しんでいただければうれしいです。僕らも楽しんでやらせていただきます。

 ▼村上信五 グループも11年目になり、自分たちが自分たちで気付いてないこともまだまだあると思います。新しくご一緒するスタッフだからこそ、固定概念なく生まれる企画もあるのかなと思うと楽しみです。タイトルにもあります“クロニクル”。自分たちの年代史をより深く振り幅のあるものにするべく、自分たちのイメージをいい意味で壊しながら取り組みたいと思います。うるさく、やかましい僕らですが、土曜日の午後に皆さんにとって心地良い時間が届けられるよう努めたいと思います。

 ▼丸山隆平 関ジャニ∞がこれまでに挑戦したことのない番組になると思います。僕たちにしかできない表現と遊びをふんだんに盛り込んで、自由に暴れまくろうと企んでおります。僕たちの“バカバカしさ”を、おもいっきり後ろ指差して笑ってやってください。

 ▼安田章大 自分たちで掲げた原点回帰の11年目にグループとして初めてフジテレビでレギュラー番組を持たせていただけること、そして初の総合バラエティーに挑戦できることで、もう一度自分たちの良さ、強みは何なのかを再確認しながらスタッフの皆様とどの企画も丁寧に作り上げていきたいと思います。

 ▼錦戸亮 いろんなことに挑戦するとうかがいました。初挑戦のことも多いので不安と期待でいっぱいです。精いっぱい楽しみながら良い番組を作りたいと思います。

 ▼大倉忠義 僕らの新しい魅力を出していけるように、スタッフさんと共に楽しんでいけたらと思っています。

 番組は5月16日スタート、毎週土曜日後1・30放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月18日のニュース