「ゴゴスマ」東京進出!打倒ミヤネ屋、フジに続きTBSも参戦

[ 2015年3月10日 05:32 ]

「ゴゴスマ―GOGO!Smile!」の司会を務めるCBC石井亮次アナと月曜レギュラーの大久保佳代子(右)。左はアシスタントの古川枝里子アナ

 TBSが30日から午後2時台に生放送の情報番組をスタートさせる。系列のCBCテレビ(名古屋市)が制作し、東海地区で放送中の「ゴゴスマ―GOGO!Smile!」(月~金曜後1・55)を関東地区でも放送。司会は現在の番組同様、CBCの石井亮次アナウンサー(37)が務める。

 番組は2013年4月1日に始まり、当初から大阪出身でノリの良さが人気だった石井アナが司会を担当。大久保佳代子(43)、林修氏(49)らが曜日レギュラーとして出演し、石井アナと軽快なトークを繰り広げ、芸能や時事ネタ、生活情報を伝えてきた。これまでは東海地区の話題が中心だったが、“東京進出”後はより幅広い地域に通用する情報を届ける予定だ。主婦層をメーンターゲットに、ニュースや芸能のほか、主婦目線にこだわった料理やファッション、掃除、節約など生活に役立つ情報も扱うという。

 午後2時台は、読売テレビ(大阪市)制作の日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」が人気。牙城を崩そうと、30日からはフジテレビが安藤優子をキャスターに据えた新番組「直撃LIVE グッディ!」を開始。TBSの参戦も決まり、大阪、東京、名古屋発の情報番組“戦国時代”の様相を呈してきた。

 TBSの編成担当者は「好評の“ひるおび”(月~金曜前11・00)の流れをくみ、JNN系列の力を巻き込んだ形で番組が作れないかと考え、一定の評価を得ている“ゴゴスマ”で大きな一歩を踏み出したいと考えました」と話している。午後2時台については「会見などが行われることが多い時間帯。生放送の枠は視聴者に寄り添う放送局として必要なことと考えました」としている。

 石井アナは「明るく楽しい番組。皆さんに役立つ情報をお伝えすることに全力投球します」と抱負を語っている。

 ◆石井 亮次(いしい・りょうじ)1977年(昭52)3月27日、大阪府生まれ。00年にCBCテレビに入社。特技はものまね(ビートたけしなど)。実家がガソリンスタンドを経営し、「危険物取扱者乙4種」の資格を取得。関係者は「これで大久保佳代子さんの取り扱いもOK」とジョーク。04年に一般女性と結婚し、現在7歳と3歳のパパ。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月10日のニュース