鶴見辰吾 50歳でフルマラソン初挑戦「3時間半切りたい」

[ 2015年3月8日 06:17 ]

初マラソンに向けてストレッチしながら力こぶをつくる鶴見辰吾

 俳優の鶴見辰吾(50)が、15日に行われる「横浜マラソン2015」でフルマラソンに初挑戦する。このほどスポーツ紙の合同インタビューで意気込みを語り「3時間30分を切りたい」と高い目標を口にした。

 これまでは10年来の自転車愛好家として知られた。地元、横浜の大会で今年初めてフルマラソンの部が設けられるのを知り「いい機会」と、50歳にして新境地に挑んだ。

 昨年10月からトレーニングを始めた。今では、「ハーフマラソンは1時間34分くらいで走れるようになった」という。自転車で鍛えた心肺機能が幸いしてか「普通の50歳よりは進歩が早いかな」と自画自賛。練習でも最長で36キロまでしか走っておらず、42・195キロは未知の領域だが「自転車仲間からハッパをかけられている。完走は当たり前」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月8日のニュース