ジョージ 口頭弁論終え語る「戻れる可能性ある」「最高に愛している」

[ 2015年3月3日 12:07 ]

第1回口頭弁論を終え囲み取材を受ける高橋ジョージ

ジョージ・美佳離婚裁判

 女優三船美佳(32)が、夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)に離婚を求めた裁判の第1回口頭弁論が3日、東京家裁で行われた。原告の三船側は、モラルハラスメントに関する本などを証拠として提出した。

 高橋は、午前10時45分頃、車で家裁に到着、黒縁の眼鏡、グレーのネクタイ姿だった。一方、三船は夕方に火曜レギュラーの関西ローカル番組「キャスト」に出演するため欠席し、代理人が出廷した。

 口頭弁論を終えて取材に応じた高橋は、普段のリーゼント姿ではなく「これからドラマの仕事があるので」と説明、裁判について「(三船と)2人で幸せになる道を探したい。戻れる可能性はあると思っている」と“やり直し”を求め、三船のことを「最高に愛している」と思いを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年3月3日のニュース