米人気キャスター半年降板 取材でうその武勇伝

[ 2015年2月11日 12:35 ]

 米NBCテレビは10日、看板のニュースキャスター、ブライアン・ウィリアムズ氏(55)を半年間、降板させると発表した。2003年のイラク戦争取材中に自分の搭乗したヘリコプターが被弾したとのうその武勇伝を語って問題化していた。

 NBCは「何百万人という米国人のNBCニュースに対する信頼を損ねた」と強調。降板中の給料は支払わない。ウィリアムズ氏は先週、自ら「数日間」出演を見合わせると表明していた。

 同氏は04年から各局が競う夕方のニュース番組を担当。NBCの「ナイトリー・ニュース」は視聴率トップだったが、4日にうそを認めて謝罪してから他局に抜かれた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月11日のニュース