徳光正行 離婚理由は「価値観の相違」理想の家庭とその日暮らし

[ 2015年2月8日 12:20 ]

離婚した徳光正行(左)と田野辺実鈴アナウンサー。2010年11月に挙式・披露宴

 フリーアナウンサー・徳光和夫(73)の次男で、元TOKYO MXアナウンサーの田野辺実鈴(31)と離婚したタレントの徳光正行(43)が8日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。離婚の理由について「理想の家庭像を描いた彼女と、その日暮らしの僕の価値観の相違」と説明した。

 「彼女は子どもを産み、育て、理想の家庭像を描いていたわけですよ。僕はその日暮らしで、きょうが楽しければ、明日が楽しければ、そういう生き方を43年積み重ねてきて。もう、この人には付いていけない、と。私はそういう生活は付いていけないので(離婚届に)サインをしてくれ、と。ずっと分かっていたんですけど、いつかこの人は変わってくれるだろう、と」と語った。

 2010年6月に結婚。正行によると、1月初旬に田野辺アナが離婚届を提出した。

 田野辺アナは今月3日、ブログで離婚を発表。「自分を優先した考えを正行さんが親身になって聞いてくれました。そのような相手を選んだことを後悔していません」などとつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年2月8日のニュース