小向美奈子容疑者スッピンでぐったり…覚せい剤所持で送検

[ 2015年2月8日 05:30 ]

地検から湾岸署に戻った小向容疑者

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は7日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑でタレント小向美奈子容疑者(29)を送検した。

 東京都渋谷区の自宅で覚せい剤約0・1グラムを隠し持っていたとして現行犯逮捕されてから一夜明けた午前8時半頃、留置先の警視庁東京湾岸署から小向容疑者を乗せたワンボックスの警察車両が出発。後部座席の小向容疑者は、うつむいて目を閉じたまま。カメラのフラッシュを浴びても視線を向けることはなく、少しうなだれていた。化粧はしておらず、表情からは疲労した様子もうかがえた。報道陣は約20人が集まる中、身柄は東京地検に送られた。

 麻薬取締部は今後、使用の疑いもあるとみて尿検査などで調べるとともに、入手経路の特定を急ぐ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月8日のニュース