アニメ「探偵歌劇ミルキィホームズTD」放送休止「情勢に配慮」

[ 2015年1月30日 13:29 ]

 TOKYO MXなどで31日にオンエアされる予定だったアニメ「探偵歌劇 ミルキィホームズ TD」の第5話「キャロルの身代金」が放送休止になった。「情勢に配慮をいたしまして、 今週の放送を見合わさせて頂くことになりました」と30日、公式サイトで発表された。

 製作委員会によると、放送には「身代金」や「誘拐」という言葉が登場するため「ギャグアニメだが、事件のパロディーと思われるとよくない」と判断したという。オンエアが予定されていた時間には、第1話「妖精たちは森に隠れる」を再放送する。

 同名ゲームを原作にしたアニメ。「トイズ」と呼ばれる特殊能力を使って活躍する近未来の世界「偵都ヨコハマ」を舞台に、将来探偵になることを目指す4人の少女「ミルキィホームズ」を描く。今年1月から第4期が放送されている。

 過激派「イスラム国」による邦人人質事件を受け、今月23日、フジテレビがアニメ「暗殺教室」(金曜深夜1・20)の第3話の放送を見送り。同日、テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後8・00)に生出演したロックバンド「凛として時雨」が歌詞の一部を変更。アイドルグループ「KAT―TUN」は曲目を変更した。

 三宅裕司(63)と小倉久寛(60)は25日放送の日本テレビ「笑点」(日曜後5・30)でコントを披露する予定だったが、延期になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年1月30日のニュース