桑田佳祐 紫綬褒章の扱いラジオであらためて謝罪「軽率さゆえ」

[ 2015年1月18日 00:03 ]

「サザンオールスターズ」の桑田佳祐

 昨年暮れに行った年越しライブの演出などをめぐり抗議を受けていたサザンオールスターズの桑田佳祐(58)が17日、出演したTOKYO FMの「桑田佳祐のやさしい夜遊び」の冒頭で「心より心よりおわびしたい」と、あらためて騒動について謝罪した。

 昨年11月に受章した紫綬褒章を無造作にポケットから取り出したことについて「4日間のうち最初の3日は、木箱に入れて手袋をはめて扱っていた」と話したが、大みそかは段取りを間違え、「ポケットに入れてしまった」と説明。

 褒章をオークションにかけるようなパフォーマンスについては「ジョークのつもりだったが、軽率さゆえ。下品な冗談を言うべきではなかった」と語った。

 NHK「紅白歌合戦」では、口元に付け髭(ひげ)をして登場。「ヒトラーを想起させる」などの声もあがったが「私の世代は付けひげはコントの定番」と、視聴者の笑いを取ろうとしたためとし「それをヒトラーと結びつける人がいることに驚いている」と話した。

 桑田は15日にも所属事務所と連名で謝罪文書を発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月18日のニュース