磯山さやか AneCan専属“ぷにモデル”に「最初ドッキリかと…」

[ 2014年12月5日 06:30 ]

「AneCan」の“ぷにモデル”に起用されることになった磯山さやか。「着やせコーデ」を披露

 タレントの磯山さやか(31)がファッション誌「AneCan」(小学館)専属モデルとして、6日発売の1月号から起用される。

 同誌は押切もえ(34)ら長身スレンダーのモデルぞろい。1メートル55、ムチムチ豊満キャラの磯山は「最初はドッキリかと思った」。1月号の表紙は蛯原友里(35)で「同じ表紙に名前が載るのがどこか申し訳ないですが、夢のようです」と胸躍らせている。

 肩書は「ぷにモデル」。ぽっちゃり自然体な“愛され体形”として流行中の「ぷに子」に合った着こなしを10月号で披露したところ、好評だったため専属に。福田葉子編集長は「読者からの反響がもの凄く、思い切ってしまいました。プロのモデルでもごくごく狭き門のAneCanで、こんなことはこの先、二度とないでしょう」と説明。新たな可能性を切り開いた磯山は「この勢いで、結婚報告もしたいですね!」と意気込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月5日のニュース